東京の食卓を豊かにしてくれるパン、焼き菓子製造工

  • 製菓学校で学ぶことができること

    • 製菓学校と言えばお菓子作りの基礎からプロのテクニックまで様々なことを学ぶことができるのですが、イメージとしては常に何かを作っているという実習メインのプログラムになっているように思われがちです。


      しかし製菓学校では座学もしっかりと行われています。

      製菓の学校の情報をお知らせします。

      座学で学ぶことができるのは主に7科目。

      です。
      製菓のことについて学ぶ製菓理論、食の歴史を学ぶ食文化概論、食の法律を学ぶ衛生法規、衛生について学ぶ食品衛生学と公衆衛生学、栄養について学ぶ栄養学、食品について学ぶ食品学です。

      座学を頑張ったところでお菓子作りのテクニックやレシピには関係がないのではないかと思われがちですが、パティシエを目指す人々が通う製菓学校ではお菓子作りのテクニックだけではなくお店を経営していく上で必要な知識も学ぶ必要があります。

      そのため実技と同じくらい大切なものなのです。
      パティシエの資格は国家資格です。

      学校に通ったからと言って取得することができるわけではありません。
      取得できるのは国家試験を受ける資格のみです。
      学校を卒業したら座学で学んだ7科目で構成される試験を受験し合格する必要があります。


      無事に合格することができれば正式にパティシエと名乗ることができます。



      お菓子作りという夢のある仕事ですが、実際はそう単純なものではありません。
      人の口に入るもの気を付けなければならないことはたくさんありますし、歴史や理論を学ぶことでオリジナリティのあるお菓子作りができるようになるのです。