東京の食卓を豊かにしてくれるパン、焼き菓子製造工

  • 東京で洋生菓子を食べる楽しみを提供するパティシエ

    • 東京の街で家庭で、洋生菓子の色鮮やかな色彩がテーブルを飾ります。
      さまざまな洋菓子を作るのが、パティシエです。

      東京の菓子について詳しく知りたいならこちらのサイトがお勧めです。

      仕事は仕込み、焼き、仕上げなど作業工程別に分業されていて、どの工程の作業にも経験による慣れた細かな工夫が、必要になってきます。
      日本の伝統菓子に対して洋菓子は、明治時代以降西洋文化とともに東京に広まっていきました。
      東京の多くの人たちが食べるようになったのは経済成長期、国民生活にゆとりができるようになってからです。



      今ではバレンタインデーやクリスマスと、一年中チョコレートやケーキ、ビスケットなどが街のディスプレイを彩っています。パティシエは私たちの食生活にゆとりと、食べる楽しみを提供してくれています。


      パティシエになるためには、特に学歴や資格は問われません。

      専門学校などで基礎的な知識や技術を学んでから、就職する人が大半になります。

      一般的には個人経営のお店やホテルの製菓部、メーカーなどに就職して現場で経験を積んで、製造技術を身につけていきます。国が認定している製造技能士の資格を取得したり、協会が主催しているコンクールなどで優秀な成績を収めると、仕事の幅が広がってきます。

      パティシエとして持っていると有利な資格として、製菓衛生師や製造技能検定があります。

      製菓衛生師は各都道府県の衛生主管課が原則として、年1回資格試験を実施しているもので、厚生労働大臣が指定する製菓衛生師施設で1年以上必要な知識、技能を習得するかまたは、製菓の経験が2年以上あれば受験資格があります。



      将来独立するにはこの資格が必要になります。